作業者

屋根塗装さえしておけば雨漏りを防ぐことが可能

見積書を比較する

作業員

屋根修理を行う場合は、相場を確認する為にも1社からだけでなく、数社から見積書を提出してもらいましょう。また、見積書を比較する際は、一式工事になっていないかを確認します。一式工事ではなく細かく、修理内容の項目を分けて見積金額を提出している業者は、信頼性が高いと言えます。

室外工事の手順

一軒家

屋根工事をするならば、神戸にある専門業者に任せるといいでしょう。自分で行うのは危険なので止めたほうが無難です。まずは、業者に対して見積もりを依頼してください。3社くらいから見積もりをもらって最も安いところに依頼しましょう。

住宅の寿命を延ばすには

家

神戸で屋根工事をする適切なタイミングは、日本瓦なら下地が傷んでくる25年ぐらいが目安になります。スレート屋根は10年ぐらいで表面を塗装すれば長持ちし、金属屋根は15年ぐらいで錆びてきたら交換が必要になります。

屋根のリフォーム

屋根

塗装をする場合には

屋根のリフォームにはいくつかの種類がありますが、行える方法は屋根の種類によって変わってきます。その中でもリフォーム費用を抑えられるのがトタン屋根、スレート屋根、セメント瓦などを対象とした屋根塗装です。これらの屋根の素材は時間が経過すると防水性が失われていく特徴があり、ある程度の年数が経過すれば塗装を行うなどしてその防水性を取り戻す必要があります。屋根塗装の費用の計算としては、1階の床面積と係数、そして塗料費用を掛け合わせたものが一般的ですが、実際の屋根の状態によって費用は変わってきます。このため屋根塗装を依頼する場合には必ず実際の屋根を見てもらい、見積を出してもらうことがトラブルを避けるためにも重要です。屋根塗装の相場としては塗料によって変わってきます。現在使われている塗料としてはウレタン系とシリコン系が一般的です。ともに以前は高級塗料として使われていましたが現在ではスタンダードな屋根塗料として使われています。耐久年数も10年程度で、費用としては一般的な50坪程度であれば50万円程度が相場です。一方で塗料はさまざまな塗料が販売されておりより耐久性のあるフッ素系は、ウレタン系やシリコン系と比べて倍程度の費用が必要です。また屋根はもっとも太陽光による熱の影響を受ける場所ですから機能性塗料として遮熱塗料と呼ばれるものもありますがより高額になります。また屋根塗装の費用では塗料だけでなく仮設足場や高圧洗浄、下地処理などが必要で、特に複雑な形の屋根となると費用が高くなるケースがあるので注意が必要です。